蕎麦味噌(そばみそ)

「蕎麦味噌(そばみそ)の作り方」

お蕎麦を食べる前に、お酒とお蕎麦さんならではの肴を楽しむ「蕎麦前」でよく聞く「蕎麦味噌」。 自宅でもチビリチビリと蕎麦味噌をつまみながら美味しいお酒を楽しめます。口に入れると、味噌の旨みが最初にやってきて、中に炒ったソバの実がアクセントとなり、七味の辛さがピリッとくる。ついついお酒の量が増えてしまうアブナイ一品です。地元のこだわりのお味噌などを使えば、その土地独特の味わい深い蕎麦味噌が作れます。

 〇蕎麦味噌(そばみそ)の出来上がり写真

 蕎麦味噌出来上がり

〇材料

材料必要量(約15パックつくる場合)必要量(左記約1/3でつくる場合)備考
味噌(生味噌)

900g

300g福井県産の味噌を使用(良いお味噌をおススメします)
そばの実(抜き実)200g70g量はお好みに応じて調整してください
250cc90cc福井県産の酒を使用
砂糖350g120g 
味醂(みりん)200cc70cc 
七味適量適量お好みの量で

※上記材料量ですと出来上がり写真のパックで15パック位作れますので、ご家庭ですと各材料量を1/3から1/4程度に減らして作ると、ちょうど良い量ができます。

〇蕎麦味噌(そばみそ)の作り方の流れ

焦げないように火加減を調節しながらフライパンでソバの実を炒ります。
ソバの実の表面が茶色くなってきたら火を止めます。
鍋に酒・味醂を入れ、煮切ります。(沸騰させて、アルコールを飛ばす)
煮切った酒に味噌を入れて、ある程度混ぜ合せます。
鍋に砂糖を入れ、よくかき混ぜます。
味噌が焦げ付かないように底の方から根気よくかき混ぜます。
約30分程度かき混ぜていると、段々味噌の色が濃くなり、硬くなってきます。
七味をお好みの量入れます。
仕上がる少し前にソバの実を入れます。
ソバの実がまんべんなくなるように味噌と混ぜ合わせます。
 容器に取り分けて完成です。

〇写真で見る蕎麦味噌(そばみそ)の作り方の流れ

蕎麦味噌(材料)蕎麦味噌(抜きソバの実)蕎麦味噌(抜きソバの実)
 蕎麦味噌に必要な材料 ②
 蕎麦味噌の作り方 蕎麦味噌の作り方 蕎麦味噌の作り方
 蕎麦味噌の作り方 蕎麦味噌の作り方 蕎麦味噌の作り方
蕎麦味噌の作り方蕎麦味噌の作り方蕎麦味噌出来上がり
蕎麦味噌の出来上がり

〇動画で見る出来上がりの蕎麦味噌の固さ具合

蕎麦味噌も出来上がり完成後に冷めてきますと硬くなってきます。熱を加えながらの混ぜ時間は約30分程度で、出来上がりのちょうど良い硬さ具合は下記動画をご参照ください。

〇食べてみた感想

自宅で晩酌のおつまみに「蕎麦味噌」をいただきました。〆のお蕎麦も打って持って帰っていたので、自宅で蕎麦屋呑みを体験。いつもは最初はビールですが、寒い季節ですので蕎麦味噌でチビチビとやりながら、熱燗を飲んでいたら、ふと気が付いたらいつもよりもたくさんのお酒が・・・〆のお蕎麦も美味しかったのですが・・・奥さんに怒られるため酒量はほどほどにご注意ください。