蕎麦豆腐(そば豆腐)

「蕎麦豆腐(そば豆腐)の作り方」

風情あるお蕎麦屋さんで小粋に「蕎麦屋呑み」憧れますね。江戸時代はお蕎麦屋さんが今の時代でいう居酒屋のようなものであったといいます。蕎麦屋ならではのおつまみといえば各種ありますが、お酒のおつまみに蕎麦粉を使った蕎麦豆腐で一杯。もちっとした食感で美味しくいただけます。

 〇蕎麦豆腐(そば豆腐)の出来上がり写真

 

〇材料

材料必要量備考
そば粉 50g石臼挽き特選そば粉(田舎挽き)
くず粉30g 
片栗粉20g 
ワサビ,刻みネギ,天かす,刻みのり少々お好みでトッピング
そばつゆ少々市販のものでもOK

〇蕎麦豆腐(そば豆腐)の作り方の流れ

鍋に蕎麦粉とくず粉と片栗粉を入れ、良くかき混ぜます。
粉同士がよく混ざったら①に少しずつ水を加え、なめらかになるまでゴムベラや木べらでかき混ぜます。(更に裏ごしすると出来上がりの食感がよくなります。)
②の鍋を弱火にかけて木べらでかき混ぜます。底が焦げないように絶えずかき混ぜ、練りながら加熱を続けます。1分程度で固まり始めます。
粘り気がでてなめらかになり、まとまるようになったら火を消します。
タッパーや器に入れ、租熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。(約2時間程度)
固まったら包丁で切って出来上がり。お好みのトッピングをして完成です。

〇食べてみた感想

もちっと食感で口に広がる蕎麦の風味。蕎麦切りとは違った美味しさと食感が楽しめました。チビリチビリと食べながらお酒をいただきました。出汁は薄めのほうが、蕎麦の風味が良く感じられるのでいいかもしれません。蕎麦豆腐の上にウニやイクラなどのせればそれだけで豪華な一品になります。