おかめそば

おかめそばは、幕末の頃江戸下谷七軒町にあった「太田庵」が考案したといわれております。名前の由来は、具の並べ方がおかめの面を連想させるところからきています。

基本的な具の並べ方は、まず湯葉を蝶型に結んで丼の上部に置きます。これは、娘の髪をかたどるとする説と、両眼に見立てるという説とがあります。鼻はマツタケの薄切りか、三ツ葉を真ん中に置いてなぞらえます。そしてかまぼこを2枚を向かい合わせて並べ、下に向かって開くように置いて、おかめの頬のように下ぶくれの形にします。

江戸らしい洒落っ気が粋なそばでした。また、おかめそばは、お多福とも呼ばれ縁起がよいため、かつては酉の市などでも好まれていたそうです。