たぬきときつね

大きな油揚げがのったそばを食べるには、大阪では「たぬき」、関東では「きつね」と注文しないと通じません。この違いは割に知られているが、なぜそうなったかは謎です。同じ関西でも大阪と京都の「たぬき」はまた違うらしいそうです。一体どうして「きつね」と「たぬき」はどこで化けたのでしょうか。

一般に関東では油揚げがのったそばやうどんを「きつね」、天かすのせを「たぬき」と呼びます。その一方、大阪で「きつね」といえば油揚げのうどんだけを指し、「たぬき」は油揚げののったそばになります。きつねそば、たぬきうどんはあまり見かけません。

実はきつねうどんの発祥は大阪にあるとされます。船場にある1893年(明治26年)創業の、松葉屋さんが発祥といわれております。最初は「こんこんうどん」と呼んでいたようです。いなりずしをヒントにして、かけうどんと皿にのせた油揚げを、別々に出したのが始まりだったらしいそうです。そのうちにお客さんが油揚げをうどんに直接のせて食べるようになりました。そうしていつの間にかきつねうどんと呼ばれるようになり、日本全国に広がっていったとみられます。

次は「たぬき」ですが、「たぬき」が生まれたのは江戸時代の終わり、関西より関東の方が先だったようです。最初はイカのかき揚げをそばにのせていたようですが、関東ではごま油で揚げるので衣が黒っぽくなります。その茶色がかった濃い色がたぬきを連想させ、それが名前の由来になったらしいそうです。

ところが、関東発のたぬきそばなぜか関西で広まりませんでした。江戸後期には関西でもそばが多く食べられていたのに不思議なことです。そのうち「きつね」がうどんなら、「たぬき」はそばのことだろう。との発想で、油揚げがのったそばを「たぬき」と呼ぶようになった、とする説が根強いです。