そばの具・かやく

そばの名わき役「具」には揚げ物や添え物など色々あります。お連れ、添うものというのがもともとの意味でした。添えてものが揃うことを意味する言葉ですが、そばの場合になりますと、かけやそのほかのものに混ぜて、味を楽しませる種のことを指します。

江戸そばの具といえば、江戸前の大きな車海老を使った天ぷらそばをはじめ、具沢山で彩りもきれいなおかめ、ねぎを主材に魚や鶏を煮た南蛮そば、そして蒲焼きを丸ごとのせるあなごそばなどがあげられます。

関西方面では「かやく」とも呼ばれますが、この理由としては、加役、加薬、加薬の意味であると思われます。