そば湯(そばゆ)

今では蕎麦を食べた後にほとんどの蕎麦屋さんで出てくるそば湯。食後に一口飲むと口の中に蕎麦の香りが広がり、食後の余韻が広がるそば湯ですが、一説には蕎麦を食べた後にそば湯をのむというのは、もともと信州の一部地方の習慣だったそうで、江戸時代の中頃までは一般的ではなかったみたいです。

そば湯は、蕎麦をゆでた時のゆで汁が濃くなりすぎた時に、本来は捨てていたらしいのですが、しかし蕎麦を茹でた湯には、蕎麦の蛋白質や澱粉が溶けていて栄養があります。そばはバランスのとれた栄養食。なかでもそば粉に含まれる植物性蛋白質はとても良質なことで知られます。

高血圧による血栓予防が効果があるルチン、またビタミン、ミネラルも多量に含まれています。しかしその栄養素も水に溶けやすくその半分近くがゆで汁に流れ出てしまいます。それを昔の人たちは生活の知恵として知り、そば湯を飲んだのが始まりとあります。美味しいそばを食べた後は、そば湯で健康をたっぷり味わいましょう。