かけそばともりそば

「かけそば」の元々の語源は「ぶっかけそば」であるそうです。そば切りといえば別の器に入れたつゆにつけて食べるのが当たり前でしたが、元禄の頃でしょうか?それでは「面倒だ!」と、そばに汁をぶっかけて食すスタイルができました。まさしく、もっと簡単に「蕎麦を食べたい」という江戸っ子気質からできたメニューともいえます。

この食べ方を「ぶっかけそば」と呼ばれました。忙しい人足たちが立ったまま食べられるように冷やかけにして出されていました。この「ぶっかけそば」が「ぶっかけ」になり、さらにぶっが省略され「かけ」になりました。当初の「かけ」は冷たいそばに冷たいつゆをかけるだけでしたが、しばらくすると、寒い冬には温めたつゆをかけるようになったみたいで、当時の女性達にも人気の食べ物だったようです。ところが「かけ」が流行るにつれ従来の食べ方を、「かけ」と区別するために別な呼び名が生まれました。

そこで、そばをつゆにつけて食べるそばを新たに「もり」と呼ぶようになりました。「もり」とは、そばを高く盛りあげる形から生まれた呼び名ですが、その盛りつける器から「せいろ」「皿そば」など等、店によって盛り付ける器の名前が転じて呼ばれるようにもなったそうです。このあたりから、「もり」と「かけ」という江戸そばの基本形が確立したともいえます。