そば粉の種類

抜きを軽く粗挽きしたときに割れて出る、胚乳の中心部を挽いてふるいにかけた粉が一番粉になります。内層粉ともいいます。これは色は白くでんぷん質が主体で少しホシはあり、そばらしい色や風味はありませんが、特有のほのかの甘味と香りがあります。しかし、たんぱく質が少ないため粘りが少なく、麺を打つにはつなぎが必要です。

一番粉をとったあと、さらに挽砕を続けて製粉されたのが二番粉になります。中層粉ともいう。香りや味に優れており一番粉より上とされている。そば粉の色は淡色緑黄色で、ソバの栄養素や香味成分に富んでいます。

三番粉は一・二番粉の挽砕を経た製粉で、二番粉と同じ香味や栄養素など多く含まれています。そば本体の香りは一番優れています。ただ、甘皮まで挽き込んでいるため繊維質が多く含まれているので、食感は一・二番粉に比べて劣ります。表層粉ともいう。

三番粉を挽いた残りがすえこ(末粉)になります。四番粉ともいいます。皮に近い部分で、外皮すれすれまで挽き込んだ黒く粗い粉で、たんぱく質と繊維質が多く含まれています。香りは一番高いが、舌ざわりはよくありません。さなごともいいます。

玄ソバの外皮(黒い殻)をつけたままで、全種子を丸ごと製粉したものを挽きぐるみといいます。石臼などで挽き、それをふるいにかけて殻を取り除く製粉の方法です。全層粉や全粒粉ともいいます。