夏(なつ)そばと秋(あき)そば

夏そばは、九州が4月上旬頃から北海道が6月下旬に種を撒き、九州では6月中句頃から、北海道でも8月中句には収穫が終わります。東京では暑い盛りに出まわることになりますが、地方によっては旧盆の振る舞いに間に合うようにと、日数を逆算して種をまいたものだともいわれております。夏そば、は日照時間が少ないためメシベが発育不全で、秋そばに比べますと色や香りがどうしても薄くなり、味も淡白なものになってしまいます。

秋そばは、北海道が7月上旬頃から九州が9月上旬に種を撒き、一番早く収穫されるのが北海道で9月中旬、九州では11月中句となります。夏そばに比べて、”秋そば”は味、色、香りともに優れています。一般的に「新そば」と呼ばれるのはこの収穫したばかりの秋そばのことをいいます。