お蕎麦を打ったが残った生そばにお困りの時には?

「ついつい打ちすぎて残った生蕎麦の保管はどうすればいいのか?」

いつもふくい越前粉屋の増田そば製粉所ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。お蕎麦打ちで時々困るのが、お蕎麦を打ったのはいいが、打ちすぎて残ったお蕎麦の保管で困る場合があります。

「お蕎麦を打ったが残った生そばにお困りの時には冷凍保存すれば後日美味しく食べれます」

お家でも一度蕎麦を打ち始めると一度に食べきれないくらい打ってしまい、どうすればいいか悩んだことは無いでしょうか?生蕎麦は傷みや劣化がはやいため常温での保存は難しく、冷蔵でも数日しか持ちません。

弊社でも石臼で挽き上げたそば粉の品質を確認するために小まめに蕎麦を打ってそば粉の品質や挽き具合などを確認するために頻繁に蕎麦を打っております。大体一週間に数回は蕎麦を打つことになるのですが、1回当り1kgの蕎麦を打ちますと、約12~14人前のお蕎麦が出来てしまいます。一度にそんな量は食べれませんし、どうしてもお蕎麦が余ってしまいます。

そんな時は生蕎麦を冷凍して保存しておき、数日後でも食べれるようにしております。そうすれば時間が経っても美味しくお蕎麦が頂くことができます。

 

「冷凍したお蕎麦を茹でるときのコツがある」

冷凍したお蕎麦を茹でる時は解凍せずに冷凍のままの状態で茹でております。コツと致しましては、ご家庭にある一番大きな鍋もしくは大きめのフライパンをご使用ください。水も多めで、茹でる冷凍麺に対して多いかな?と思われるくらいがちょうどいいです。グラグラと沸騰したお湯に冷凍麺を入れ、やさしく菜箸等で麺をほぐしてやります。麺がほぐれお湯の中で踊りだしてきてから約1分間程度茹でましたら出来上がり。冷水でヌメリを取り、締めて完了です。

「冷凍するときには面倒ですが一人前ずつ保管するのがコツ」

生そばの保存はご自宅のキッチンにあるもので保存可能です。ちょっとしたひと手間ですが、一人前ずつラップもしくはキッチンペーパーなどで包んでジップロックなどに入れて冷凍してください。食べる時に冷凍した蕎麦を常温で解凍するとベチャベチャになり麺どうしがくっついてしまいますので解凍せずに湯の中に入れてください。

「長期の冷凍は保管は蕎麦の品質を落としてしまうので要注意」

冷凍しておけば保存期間はかなり長くなると思いますが、長期間冷凍保存しておくと、冷凍焼けをおこしてしまい麺が乾燥してしまいます。大体1ヶ月程度で食べ切るようにすると良いかと思います。