年末年始で疲れた身体にお蕎麦を食べて健康回復

「今年も一挽き一挽きに入魂挽きで頑張ります」

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。昨年はたくさんのご愛顧をいただきまして誠にありがとうございます。今年も一挽き一挽きに入魂挽きで頑張っていきたいと思っております。何卒ふくい越前の小さな粉屋をよろしくお願い申し上げます。

「年末の年越し用蕎麦粉の製粉ラッシュ」

そば収穫時の乾燥・調整作業から石臼挽き製粉と同時に出荷。その他やることがありすぎて、気が付けばこのブログも昨年の11月の新蕎麦販売開始より滞っておりました(汗)

年末には何とかご店舗様用のそば粉の出荷をこなしながら同時に個人様からのご注文出荷。さらに店頭での販売でパニックに陥りました。さすがに一日に挽けるそば粉の量がご注文量を超えかけてしまったため、29日・30日と一時店頭を閉め、急いで挽けたなりからそば粉の袋詰めというような状況。

以前より石臼製粉機の増設のために、石の再生加工と目立てと調整をボチボチとしていたのですが、年末までに石臼の増設が何とか間に合ったため、少しは各石臼達の負担も減り、また無事こなせたため一安心で迎えた12月31日でした。

「年末の仕事疲れと新年からの食べ疲れと飲み疲れで身体が悲鳴を・・・」

さて、年が明けまして製粉業務のほうはひと段落したものの、年末年始と御馳走三昧にお酒三昧(汗)そして、1月の7~8日とまっさん家族のお楽しみ旅行で子供たちと大阪旅行に行き、そこでも美味しいものをいっぱい食べて、気が付いたら少々体調不良。これからも新年会が続くことですし、しばし体調が心配になります。

福井県鯖江市~ときの蔵~

大阪~道頓堀~

「年越し蕎麦以外でも新年からどんどん食べたい年明け蕎麦」

まずは、お酒で疲れた肝臓に負担をかけたくはありません。ヘパリーゼもいいのですが・・・そんな時にはやっぱり「お蕎麦」です。そばは、酒飲みの害を少なくする食物として知られております。その理由はそばに含まれるコリンにあるといわれています。コリンには肝臓を保護し、お酒を飲む際に肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きがあるので、脂肪肝・肝硬変の予防に効果を発揮します。また、コリンには尿中に食塩の排出を促進する働きも持っており、高血圧の予防にも効果があります。

また、蕎麦は栄養のバランスがとれた食材であり、日本最古の医学書「医心方」に、「そばは、五臓の汚れたカスを洗い流して、精と神をつなぐ。その葉を煮て、野菜として食することもできる。」とあります。

詳しくは、「蕎麦の雑学」蕎麦の栄養素をご覧ください。

福井の郷土蕎麦「越前おろし蕎麦」大根おろしを加えることでさらに効果があります。一度お試しあれ!

詳しくは、福井県の越前おろし蕎麦をご覧ください。

福井の郷土蕎麦「越前おろしそば」