東急ロイヤルクラブメンバーズマガジン「Fino」11月号に弊社の蕎麦栽培から石臼製粉について掲載していただきました。

「東急グループのROYAL CLUB月刊誌”Fino”で福井の越前そば特集」

 上質な暮らしの実現に向けて、さまざまなモノ・コト・考え方を提案する東急グループのTOKYU ROYAL CLUBの月刊誌「Fino」にて、秋の新そばが出はじめる時期に旬の情報ということで、弊社の蕎麦の栽培から石臼製粉に関する取材を受けました。

「越前そばのすすめ」

 「全国のそば好きから福井県が注目を集めている。良質なそばの産地であり、同時に越前そばという独特な食べ方も受け継がれている。隠れたそば王国。いまだ知られざる越前そばの実力を探りに、県内でも名店の誉れ高い人気店を訪ねた。」

東急ロイヤルクラブメンバーズマガジン「Fino」VOL.18

東急ロイヤルクラブメンバーズマガジン「Fino11月号」VOL.18

 そばの産地といえば長野県や北海道をなどがパッと思いあたるが、次いで山形県、常陸秋そばで有名な茨城県などの知名度が高いとのこと。取材時にも「福井県って蕎麦が有名だったんですね。」と関東ではあまり知られていないとの事。そばの県別生産量では、福井県はここ数年4~5位で推移。福井県のご当地蕎麦でもある「越前おろし蕎麦」などが最近テレビや雑誌等でも見られるようになり、個人的には「結構知られてきているのでは?」と思っていたが・・・

「年に一度のお楽しみ、今年の新そばは福井で」

 「新そばの季節だ。そば好きにとって待ちに待った季節。緑がかった色合い、鼻に抜ける爽やかな香り、ふっくらと甘い味わい、すっきりした喉越し。秋口から晩秋にかけて収穫された秋そばは、文句なしにうまい。」

東急ロイヤルクラブメンバーズマガジン「Fino」VOL.18

福井県内外でも有名な人気蕎麦店も掲載

 弊社では、福井県産そばの特徴から蕎麦の栽培について、そして昔ながらの石臼挽き製粉による良さなどをお話させていただきました。人口に対するそば屋の店舗数で福井県は全国上位という統計がある。弊社での取材後、福井県内外でも有名な人気蕎麦店へ行かれたとのことで、掲載してあるどの店もその店独特の凄いこだわりがあり、その店独自の「越前おろし蕎麦」があります。週末などには東京など県外からも車をとばしてお蕎麦を食べに福井県まで来るとの事でビックリです!

「取材時は、福井県でもちょうど蕎麦の白い花が満開の9月だったが・・・」

 取材は、ちょうど蕎麦の白い花が咲き乱れている9月に行われましたが、その後の台風などの影響により、まさかここまで不作になるとは思っておりませんでした。ちょうどこの日は最高にいいお天気で青空の青と山々や蕎麦畑の緑に交じって白い花が映えており最高の状態でした。

東急ロイヤルクラブメンバーズマガジン「Fino」VOL.18

  今回の雑誌で掲載されている「越前おろし蕎麦」の食べることのできる福井県内外の人気店です。ご参考までに!

 「森六(もりろく)
  福井県越前市粟田部町26-20
  TEL(0778)-42-0216

 「そば処一福
  福井県今立郡池田町稲荷34-24-1
  TEL(0778)44-6121

 「御清水庵清恵
  東京都中央区日本橋室町1-8-2
  TEL(050)-5592-2712