平成30年産!今年も福井夏の新そばが開花しています!

「6月に入っても快晴の続く福井県」

 6月に入りましたがここのところ快晴が続く福井県です。日中は汗ばむくらいの気温ですが新緑の緑と青空の色がとても気持ちよく、最近ではお天気の日は製粉所周辺の川辺を散歩するのが日課となっております。

春播き夏収穫の夏そばも白い花を咲かせております

 福井市の北部(福井市河合地区)にて栽培されている夏そば(キタワセ種)の成長ぶりです。4月中旬の播種(種まき)から1カ月以上経過しております。背丈もだいぶん伸びてきており、ソバ独特の白い花を咲かせております。

福井県福井市河合地区

 6月中旬以降は週間天気予報を見ると雨マークが多くなってきているみたいです。いよいよ福井県も梅雨入りなのかもしれませんが、ソバの成長に影響がないことを祈っております。

福井県福井市河合地区

 生産者のハーネス河合さんとお話ししていたら、4月下旬ごろのGW付近に雨が続いた時期があったため湿害が出ている圃場も見られるとの事でしたが、それ以降はお天気の良い日が続いておりますので、これ以降は順調に経過してほしいものです。

福井県福井市河合地区

今年のあわら市三国方面で栽培された夏そばは出荷が早まるかも?

 あわら市方面で栽培されている生産者さんからのご連絡では、4月の上旬に播種(種まき)した圃場ではボチボチと実をつけており、このままいけば6月の中旬には収穫作業に取り掛かるとの事で、「日本一早い新蕎麦になるかな!?」と笑っておりましたが、今年の夏も楽しみな福井県産の夏の新そばとの出会いをワクワクしながら待ちわびております。