蕎麦粉の「ヒヤリ感」・「香り」・「甘み」にはまってはや15年以上。

蕎麦粉の「ヒヤリ感」・「香り」・「甘み」にはまってはや15年以上。しかしその原点は亡父が作っていた「蕎麦がき」にあり、三つ子の魂をすり込まれたものかと・・・。よって今では、親戚やご近所の子供達にその味と蕎麦打ちの楽しさを伝えられればと思っています。ペンネーム(山肥山暁竿)

商品及び接客の随所にロマンと拘りのある「そば挽き仕事人」とお見受けしました。

注文の品を早速お届け頂き、迅速で丁寧な対応に感謝します。商品及び接客の随所にロマンと拘りのある「そば挽き仕事人」とお見受けし、今後のお付き合いと貴社の発展が楽しみです。まっさんへ!ペンネーム(蕎麦研究者「蕎遊子」)

挽きぐるみは九割で、田舎挽きは外2:8で、抜き実挽きは十割で

5年前に何度か御社のそば粉を購入し、打たせていただきました。当時はそば打ち初心者でしたが、大変打ちやすいと感じておりました。その後色々なそば粉に挑戦し、今回御社の3種類のそば粉を購入し、挽きぐるみは九割で、田舎挽きは外2:8で、抜き実挽きは十割で打って、自分でも満足のいく出来で、粘りあり・打ち易く・風味も十分で美味しくいただきました。年越しそばは田舎挽きで打って友人に送るつもりです。

滋賀県の多賀そば部会様の視察訪問で当製粉所にたくさんの方がご来店

「滋賀県のそば部会様の視察訪問」

 3月も中旬になりました。ポカポカ暖かくなったと思ったら、急に寒い日になったりと、寒暖の差が厳しく、先日はみぞれが降るなどしましたが徐々に春になっていくのでしょうか?今週は滋賀県よりたくさんのお客様がご来店されました。 続きを読む

40年以上前から越前おろし蕎麦を食べて参りました。

拝啓、蕎麦は20才前後より好きで、京都は尾張屋・敦盛蕎麦・出石の永楽・大江戸の鬼蕎麦・信州・出雲等食べて来ましたが、家内の里が福井なもので最も私の口に合い、以来40年以上前から越前おろし蕎麦を食べて参りました。宇野重吉が愛した三井屋・病院から抜け出しては食べた立松蕎麦・笏谷蕎麦・めん房つるつる・こはく庵・がんこ蕎麦・今庄・武生等何処も水準以上でした。現在でも年に2~3回は食べに参ります。それが高じて下手な横好きで仲間を呼んでは彼れ此れ30年ほど自分で打っては食べてます。

平成30年産そばの作付面積及び収穫量(農林水産統計より)

「平成30年都道府県別蕎麦年間生産量の推移」

 平成30年産の農林水産省の農林水産統計が平成31年2月14日公表されました。昨年は国産そばの大多数を占める北海道産が不作だったのですが全国的にはどうだったのでしょうか? 続きを読む

新商品「福井の老舗醤油醸造元のこだわりだしつゆ」販売開始しました

「今年は昨年と変わって雪の少ない冬です」

 今年も気が付くと暦は2月になりました。昨年の今頃は記録的な大雪でそば粉の発送どころか、大雪のため会社にも迎えない、すべてが停滞していた状況だったのですが、打って変わって今年の雪の少ないこと少ないこと。ようやく今週からは少し雪マークが出ているみたいですが・・・ 続きを読む